「猫背」改善に必要なエクササイズを順番に説明しています。

前回は【丸くなった背骨を伸ばす方法】でしたが、実際にやって
みましたか?

まだの方はぜひ、チャレンジしてみてくださいね。
丸くなっていた背中が伸びていく感覚が分かると思います!

今回は「猫背」の4つの特徴 その2「肩甲骨が外側へ」を説明して
いきます。

▼猫背の特徴 その2「肩甲骨が外側へ」

「猫背」になると『肩甲骨』が背骨から遠ざかってしまって、
外へ外へと離れていってしまいます。
(背骨と肩甲骨の理想の距離の目安は「指3本分」です)

『肩甲骨』は、肋骨の上に張り付いている(浮いている)ような状態
なので、筋肉のバランスが崩れると、位置がズレてしまうんです。

ですから『肩甲骨』を寄せる筋肉を鍛えてあげることで、本来あるべき
理想の位置を保ちやすくなります。

ちなみに『肩甲骨』と内側に寄せる筋肉はコレです↓↓↓

肩甲骨,猫背,改善,トレーニング,大阪

緑色が肩甲骨、赤色が内側に寄せる筋肉です。
(ひし形をしているので「菱形(りょうけい)筋」と言います)

この筋肉が縮むと『肩甲骨』が背骨の方へ寄ってきます。

では『肩甲骨』内側に寄せるエクササイズをご紹介しますね!

▼猫背解消!エクササイズその2「肩甲骨を内側へ寄せる」

[1] 膝を付いてうつ伏せになります

イスや台などにお腹を乗せて行ってください。
(バランスボールは不安定なので、難度が上がります)

【チェックポイント!】
背筋が出来るだけ真っ直ぐに、頭も下がらないように気をつけます
肩甲骨,寄せる,運動,パーソナル

[2] 肘を曲げて脇を締め、両手を身体の横に持ってきます

腕全体で、アルファベットの「Z」になるイメージです。

[3] 肩甲骨を背骨の方へゆっくりと寄せましょう

【チェックポイント!】
上体が起きて腰が反ってしまわないようにします
頭の位置を止めておくように意識します
肩甲骨を寄せた時に肩がすくまないように気をつけます
姿勢改善,猫背,エクササイズ,大阪

スピードはゆ~っくりと、15~20回程度を目安に1セットです。
『肩甲骨』の内側がジワ~っと熱くなり、疲労感が得られればOKです!

▼さらにワンポイント

「猫背」の方は、肩がすくむ方向へ動いてしまいやすいので、『肩甲骨』
の下の角を背骨の方へ寄せる意識を持って行ってみてください。

脇をしっかりと締めるようなイメージでエクササイズをすると、さらに
効果的になっていきますよ。

1人でやってみたけど、上手くできていないかも?と思われた方は、
B-stationのパーソナルトレーニングを受けにきてください。

あなたのお身体の状態に合わせた最善最適のエクササイズを
マンツーマン
で指導させていただきます!

 

【 次回予告 】

猫背の特徴 その3:肩(腕の骨)が内側に巻き付いている

をお届けしますので、お楽しみに♪

 

【猫背解消シリーズ】

  1. 第1話「猫背ってナニモノだ?」
  2. 第2話「丸くなった背骨を伸ばそう」
  3. 第3話「肩甲骨を内側へ寄せよう」
  4. 第4話「前肩を改善するエクササイズ」
  5. 第5話「頭の位置、ズレていませんか?」
  6. 第6話「1分で出来る♪頭の位置を正すエクササイズ」

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!
(B-station代表/パーソナルトレーナー 奥野純也)

「運動初心者」も楽しく続けられる♪
大阪・南森町のパーソナルトレーニング

コアコンディショニング&コアトレーニング
を完全マンツーマンで丁寧に指導します

★引き締め(シェイプアップ)
  お腹、ウエスト、お尻、背中、太もも
★姿勢改善
  反り腰、O脚、猫背、骨盤の歪み
ブログのフッター

パーソナルトレーニングサロン B-station
~地下鉄谷町線・南森町駅から5分~
トライアルセッション(初回体験)のお申込み▼
お申込み専用フォームご利用ください

◆電 話 06-6585-0870
◆メール contact@b-station.info
◆H  P http://b-station.info/