良い「姿勢」を保つためのポイントの1つが【お腹の筋肉】です。

特に深部にある腹筋を機能的に働かせることが、骨のないお腹を
支えるうえで大切になります。

前回、お伝えした下腹ポッコリを解消するためにも、
前々回お伝えした内臓の働きを高めるためにも、
姿勢を良い状態に保つことが関係してきます。
(↑詳しくはそれぞれの記事をご覧くださいね↑)

美姿勢

▼深部の腹筋のスイッチを入れるための呼吸法

そして、この深部にある腹筋の働きを高めるエクササイズの第一歩が

【呼吸】=息をしっかりと吐き切ること

と説明しました。
( ⇒ 姿勢を正せば、下腹ポッコリとサヨナラできます!

 

そこで、今回は【呼吸】に意識を向ける時間を取ってみましょうという
お話しです。

日常生活の中で、自分の【呼吸】を感じる瞬間ってないと思います。

いちいち意識をしなくても、呼吸は無意識でしていますからね。
(むしろ、意識しないと呼吸が出来ないなら生命の危険が高いですよね)

現代は何かと忙しいですから、なおさら呼吸を感じようという意識すら、
持っていない方が多いのではないでしょうか?

cc-library010008150

なので・・・今、やってみましょう!

立っていても、座っていても、寝ていても構いませんので、
リラックスした状態で、ゆったりとした【呼吸】を繰り返しましょう。

息を吸った時、どこが動いていますか?

息を吐いた時、どこが動いている感じがしますか?

どのくらいの呼吸の深さでしょうか?

LINE,ライン,B-station,大阪

☆☆☆LINEで友だち登録して、最新情報を手に入れよう☆☆☆
【 登録方法 】
・下記の「友だち追加ボタン」を押す
・ID検索で「b-station-osaka」と入力する
友だち追加数
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

▼呼吸をした時の肋骨の動きを感じてみよう

あなたもご存知だと思いますが【呼吸】するということは、
がふくらんだり、しぼんだりしています。

ただし、というのは自力で動いているわけではありません。

周りを取り囲んでいる「肋骨」が動くことで、空気が体内に
入ったり、出たりしているんです。

なので【呼吸】をしている時の「肋骨」の動きを感じてみてください♪

感覚だけでは分かりにくい・・・という方は、自分の手を
当ててみると良いですね。

動いているのを確認できましたでしょうか?

0149efd9ee4905904beca27ecdbde01ff2aeb8900d

【呼吸】をすることで「肋骨」が動くことは分かってもらえた
と思いますので、さらにもう一歩!

実は・・・

「肋骨」の上の部分と、下の部分で動き方が違う!

上の部分(鎖骨と鎖骨の間、胸の中央あたり)⇒ 前の方向へ
下の部分(ウエスト・脇腹の少し上のあたり)⇒ 横の方向へ

これが本来の「肋骨」の動きなのですが・・・
もう一度、チェックしてみてください。

 

「あれ!?正しく動いていない・・・!?」

もしも、そう感じた方は要注意です。

▼肋骨は動きが悪くなりやすく、悪い姿勢の原因に

「肋骨」は鳥かごのような構造になっているので、硬くなりやすく、
背骨周りの硬さにも繋がったりします。

また身体が力み過ぎ(緊張し過ぎ)てしまったり、

猫背などの悪い姿勢になりやすくなったりします。

 

普段、何げなく無意識で繰り返している【呼吸】ですが、自然と
良い呼吸が出来ているかどうかが、姿勢やスタイルにも影響して
いるということを理解してもらえたらと思います。

長くなってきたので、今回はこの辺りまでで。
次回も引き続き、呼吸に関する内容をお届けします。

お楽しみに♪

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!
(B-station代表/パーソナルトレーナー 奥野純也)

「運動初心者」も楽しく続けられる♪
大阪・南森町のパーソナルトレーニング

コアコンディショニング&コアトレーニング
を完全マンツーマンで丁寧に指導します

★引き締め(シェイプアップ)
  お腹、ウエスト、お尻、背中、太もも
★姿勢改善
  反り腰、O脚、猫背、骨盤の歪み
ブログのフッター

パーソナルトレーニングサロン B-station
~地下鉄谷町線・南森町駅から5分~
トライアルセッション(初回体験)のお申込み▼
お申込み専用フォームご利用ください

◆電 話 06-6585-0870
◆メール contact@b-station.info
◆H  P http://b-station.info/