こんにちは!パーソナルトレーナーの加藤暖理です!!

O脚改善の記事も今回で4回目、いよいよエクササイズを紹介して
いこうと思います。

O脚を改善していく上で重要なことは、繰り返し書いていますが、
日常の悪いクセによって崩れたバランスを整えていくことです。

つまり、硬くなってしまった筋肉に対してはストレッチをして、
弱くなってしまった筋肉はトレーニングをするということです!

というわけで、まずはストレッチからご紹介していきますね。

※ストレッチをする時のポイントは代表の奥野が記事を書いている
ので、下記をご覧くださいね。
セルフストレッチをする時の5つの注意点

▼O脚改善のためのストレッチ その1

IMG_1924

O脚の方が硬くなりやすい筋肉の1つめは、太ももの裏側にある筋肉です。
専門用語では「ハムストリングス」と呼びます。

この太ももの裏側の筋肉(ハムストリングス)は内側と外側に分けること
が出来ます。
その中でも、特に内側の筋肉内側ハムストリングス)が特に硬くなって
いる場合が多いので、しっかりと柔軟性を取り戻していきましょう!

ちなみに内側ハムストリングスは、歩く時や走る時、前かがみの状態から
身体を起こす時など・・・日常動作においても重要な役割を担っています。

あまり意識することは無いと思いますが「日常生活で無意識に使っている」
筋肉なのです。

それでは実際にストレッチする方法をお伝えしますね!

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
LINE@にお友だち登録すると最新情報が手に入る!

LINEat_icon_basic_A

【 お友だち登録方法 】
◆ 「友だち追加」をクリックする
◆ LINEを起動し、ID検索で「@b-station-osaka」と入力する
◆ QRコードを読み込む
登録方法の詳細はコチラです

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

▼内側ハムストリングスを伸ばす方法

IMG_1930

[1]片脚を前に伸ばし、つま先を内側に向けます
※逆側の膝は曲げておきます

[2]伸ばした脚を超えるように、両腕を斜め前に伸ばし、上体を倒します
[3]太ももの裏側(内側)が伸びている位置で止めます

IMG_1931

[4]リラックスしながら20秒キープします
[5]ゆっくりと元に戻したら、3回繰り返します

 

さて、内側ハムストリングスがストレッチされる感覚は、あったでしょうか?

すでに書きましたが、O脚の方は太ももの裏側の内側が硬くなりやすい傾向に
あるので、この内側ハムストリングスだけを伸ばすということが大切です。

O脚の方は内股になりやすく、内股だと太ももの裏側の外側よりも内側が硬く
なっていることが多く、これがO脚の原因になっていることがあります。

ですから内側だけを伸ばしているんです!

O脚の原因の記事で書いたように、日々の良習慣がO脚改善の第一歩です。

毎日コツコツとストレッチをするように、心がけてみましょう!!

次回も引き続き、O脚改善のためのストレッチを紹介します。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!
(パーソナルトレーナー 加藤 暖理)

「運動初心者」も楽しく続けられる♪
大阪・南森町のパーソナルトレーニング

コアコンディショニング&コアトレーニング
を完全マンツーマンで丁寧に指導します

★引き締め(シェイプアップ)
  お腹、ウエスト、お尻、背中、太もも
★姿勢改善
  反り腰、O脚、猫背、骨盤の歪み
ブログのフッター

パーソナルトレーニングサロン B-station
~地下鉄谷町線・南森町駅から5分~
トライアルセッション(初回体験)のお申込み▼
お申込み専用フォームご利用ください

◆電 話 06-6585-0870
◆メール contact@b-station.info
◆H  P http://b-station.info/