こんにちは!パーソナルトレーナーの加藤暖理です!!

前回は大腿筋膜張筋のストレッチをご紹介しましたが、チャレンジして
みたでしょうか?

少し伸ばしづらい筋肉なので、今回は番外編として「筋膜リリース」
いう方法で緩めていくエクササイズをお伝えします。

▼O脚改善に繋がる“外もも”の筋膜リリース

今回のターゲットは前回と同様に「大腿筋膜張筋」です。

ただ少し違うのは、筋肉そのものを伸ばすのではなく「大腿筋膜張筋」
筋膜へアプローチすることで、結果的に緩めていく形になります。

筋膜というのは、筋肉の表面を覆っている膜で、ウエットスーツだったり
全身タイツだと思っていただければ良いです。

FullSizeRender 2

上の写真のように「大腿筋膜張筋」は、太ももの外側の筋膜と密接な
関係があります。

簡単に言えば・・・
「大腿筋膜張筋」が緊張すると、この外ももの筋膜も緊張します。

つまりこの筋肉が硬くなっていると、外ももの筋膜も硬くなり、
外ももの筋膜が緩めば、この筋肉も緩んでくるということです。

 

実はこの外ももの筋膜は、とってもコリやすく、硬くなりやすいのです。

この筋膜が硬くなってしまうと、ストレッチの効果が出にくかったり
O脚の原因になってしまうことがあります。

伸び縮みがしないタイツを履いてストレッチしても、筋肉が伸びづらそう
なのは想像しやすいかなと思います。

「大腿筋膜張筋」の名前を見てみると「筋膜らせる肉」ですよね。

セルフで行える筋膜リリースを、ぜひやってみてください!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
LINE@にお友だち登録すると最新情報が手に入る!

LINEat_icon_basic_A

【 お友だち登録方法 】
◆ 「友だち追加」をクリックする
◆ LINEを起動し、ID検索で「@b-station-osaka」と入力する
◆ QRコードを読み込む
登録方法の詳細はコチラです

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

▼外ももの筋膜を緩める方法

[1] ストレッチポールを横向きに置きます
[2] 外ももを当てて、両手で身体を支えます
※下側の腕は肘を曲げた方が安定します

筋膜張筋リリース2

[3] 上側の膝を曲げ、足裏を床に着けてバランスを取ります
[4] 下の脚が床と平行になるように、浮かします

筋膜張筋リリース

[5] 外ももに当てたポールをコロコロと上下に転がします
[6] 5往復ほど繰り返します

 

いかがでしょうか?

前回のストレッチと違って、痛いと感じる方が多かったと思います。

強く張っていればいるほど痛みも強い傾向にあるので、上下に転がす
ことが出来ない(痛くて動けない)ケースも考えられます。

その方は無理をせずに、止まっていても良いですから、短い時間から
スタートしてください。

毎日コツコツと続けていると、張りも治まってくるので、痛みも弱く
なってきます。

慣れてきたら、徐々にエクササイズの往復回数を増やしていきましょう!

 

それでは、次回はO脚改善のストレッチ最後の1つをご紹介します。

お楽しみに♪

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!
(パーソナルトレーナー 加藤 暖理)

「運動初心者」も楽しく続けられる♪
大阪・南森町のパーソナルトレーニング

コアコンディショニング&コアトレーニング
を完全マンツーマンで丁寧に指導します

★引き締め(シェイプアップ)
  お腹、ウエスト、お尻、背中、太もも
★姿勢改善
  反り腰、O脚、猫背、骨盤の歪み
ブログのフッター

パーソナルトレーニングサロン B-station
~地下鉄谷町線・南森町駅から5分~
トライアルセッション(初回体験)のお申込み▼
お申込み専用フォームご利用ください

◆電 話 06-6585-0870
◆メール contact@b-station.info
◆H  P http://b-station.info/