皆さん、走ってますか??
私は先週末に1回だけ、30分ランニングしました。

本当はもう少し走りたかったのですが、
先週の月曜日に草野球で膝を痛めてしまって・・・
(思ったほど症状はヒドくないですが)
様子をみている感じです。

レースが近づいてくると焦ってしまう方もいますが、
意外と開き直った方が良かったりします。

今、持っている力で無理なく走る方が楽しく走れますので。

 

というわけで《楽(ラク)に楽しく走る》をテーマに
第2回目をお届けします。

今回は「楽(ラク)に走るための“コツ”」です!

といっても難しい話ではないです。

ほんの少し意識を変えるだけでも感覚が変わることを
知ってもらえたらと思います。

それは・・・
「走っている時の姿勢(フォーム)」
です。

ランニング,コア,姿勢,大阪

走る姿勢はどうなっていますか?

自分の走っている姿って、あまり見たことないですよね?
そもそも走り方って、あまり教わったことないですよね?

私もマラソンを始めた当初はそうでした。
何となく走っていただけ・・・いわば我流ですね。

上の写真のように背筋が伸びて、しっかりと前を向けていますか?

良い姿勢で走ることで、身体が動きやすくなります♪

そして、無駄なパワーを使わないので疲れにくくもなります♪

さらに重心が前に移動しやすくなって、推進力が増します♪

(厳密にいうと、走っている時は前傾(全体的に前に傾いている)の
姿勢ですがここでは割愛しておきます)

 

姿勢が悪ければ・・・その逆ということですね。。。

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
LINE@にお友だち登録すると最新情報が手に入る!

LINEat_icon_basic_A

【 お友だち登録方法 】
◆ 「友だち追加」をクリックする
◆ LINEを起動し、ID検索で「@b-station-osaka」と入力する
◆ QRコードを読み込む
登録方法の詳細はコチラです

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

例えば、街中で走っているとこんな感じの姿勢で
走っている方を見かけます。
(分かりやすくするために大袈裟にしていますが)

▼背中が丸く、腰も丸くなっている・・・
走る,体幹,南森町,エクササイズ

背中が丸いランニング姿勢

いわゆる猫背のような姿勢ですが、
これだと股関節や膝が曲がった状態になってしまい
筋肉や関節が上手く動かすことができません。

そして重心も後ろに残ってしまうので、
ブレーキを掛けながら前に進もうとすることに
なるので非効率ですね。
腰が落ちていると表現されることが多いです)

さらに胸も広がりにくいので呼吸が浅くなります。

 

もう1つ多いのが

▼骨盤・腰が反り過ぎている・・・
マラソン,トレーニング,大阪,南森町

腰が反ったランニング姿勢

こちらは反り腰の姿勢ですね。

猫背でのランニングフォームと同様に
股関節が曲がったままになりやすいです。
(股関節の詰まり感があることが多い)

何よりも反り腰になっていることで、
腰への負担が非常に多くなり、腰痛を訴える
ケースも多いですね。

重心は斜め上に向いてしまっているので、
やはり動きとしては非効率になってします。

 

猫背も反り腰も、姿勢が崩れてしまうことで、
体幹の力も入りにくい状態になっています。

なのでバランスが悪く、脚の力も上手く伝わりません。

そのような姿勢で無理矢理、走っても体力はついたとしても
楽(ラク)に走ることには繋がりにくのはご理解いただける
と思います。

そして、たくさん走れば痛みや怪我の元になります。

 

「背筋を伸ばして、視線も前を向ける」

楽(ラク)に楽しく走るための第一歩として、
最初の写真のようにような姿勢を意識してみてください。

始めはゆっくりペースからで大丈夫です!

慣れてくれば少しスピードを出しても姿勢をキープできる
ようになっていくと思います。

 

良い姿勢を保つことが楽(ラク)に楽しく走るためのコツです♪

そのためのコアトレの基本は今後、少しずつご紹介していく予定です。

お楽しみに。

長くなってしまったので、今回はこの辺で。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!
(B-station代表/パーソナルトレーナー 奥野純也)

「運動初心者」も楽しく続けられる♪
大阪・南森町のパーソナルトレーニング

コアコンディショニング&コアトレーニング
を完全マンツーマンで丁寧に指導します

★引き締め(シェイプアップ)
  お腹、ウエスト、お尻、背中、太もも
★姿勢改善
  反り腰、O脚、猫背、骨盤の歪み

パーソナルトレーニングサロン B-station
~地下鉄谷町線・南森町駅から2分~
トライアルセッション(初回体験)のお申込み▼
お申込み専用フォームご利用ください

◆電 話 06-6585-0870
◆メール contact@b-station.info
◆H  P http://b-station.info/