ストレッチポールの安全・効果的な使い方について


猫背・反り腰などの姿勢の改善、肩こり・腰痛などの慢性痛の緩和に効果的なセルフエクササイズツール「ストレッチポール」に関する役立つ情報を発信しているB-staion代表、トレーナーの奥野です。

3回にわたって効果を高めるポイントを説明してきました。
↓ まだ読んでいない方は下記からどうぞ ↓

今回からはテーマを少し変えて、実際に使っていく上での注意点をお伝えしていきます。
ご自宅でストレッチポールを安全かつ効果的に使うための大切な情報です。

では、いってみましょう!

ストレッチポールの基本的な使い方

まずは基本的な使い方から説明していきます。
間違った使い方をしてしまうと効果が出づらいだけでなく、思わぬ怪我につながる可能性もありますので気をつけましょう。

ちなみに、ストレッチポールには全部で3つの種類があります。
円柱タイプ(EX・MX)が2種類と半円タイプ(ハーフカット)が1種類です。

ご自身の身体に合ったタイプを使うことが安全面・効果のどちらにおいて非常に大切です。
それぞれの違いと選び方については、下記の記事で解説しています。

置き方

★円柱タイプ(EX、MX)を使う場合:

ストレッチポールEX
  • フタがお尻側に来るようにします
    (写真では左側にフタがきています)
  • ロゴマークが横になるようにします

【理由】
フタのところは少し段差があるので、そこに頭を乗せてしまうと気になってしまいます。
ロゴマークの下の部分には縫い目があり、背中に当たると違和感を感じますし、床に当たると転がしにくいです。

★半円タイプ(ハーフカット)を使う場合:

ストレッチポールハーフカット

ハーフカットは2個で1セットになっています。

  1. それぞれのファスナーを両端にする
  2. 縦にまっすぐ並べる

【理由】
円柱タイプと同様にファスナーの部分は少し段差がありますので、触れて違和感を感じることがないようにするためです。
ツールが曲がった状態で乗ると、まっすぐに乗れないので違和感や力みに繋がります。

どの種類のストレッチポールを使うとしても、不快感や違和感なく、リラックスしてエクササイズを行なうための置き方です。
ちょっとしたことではありますが、向きを確認してから乗るようにしてくださいね。

乗り方

ストレッチポールを安全にご利用いただくための乗り方は3ステップです。

① ストレッチポールの端にお尻を乗せます

できるだけ、端の方へお尻を乗せるようにしてください。
上に乗ってしまうと頭がはみ出てしまう可能性が高くなります。

※ちなみに円柱タイプ(EX、MX)は、フタがお尻側でしたね

② 両手で床を支えながら、背骨を乗せていきます

転倒してしまわないように、両手で床を支えながらゆっくりと寝転がります。
ストレッチポールに対して、背骨をまっすぐに乗せるようにします。

③ 頭まで乗れたら、リラックスできる位置を探します

あお向けに寝転がれたら、ストレッチポールから頭がはみだしていないかを確認します。
※はみだしていたら、ずり下がって頭が収まるように調整してください

両膝は立てた状態にして、お尻から頭までまっすぐ乗るようにします。
手足の位置を微調整して、最も力の抜きやすいポジションを探してください。

これを「基本姿勢」と呼んでいますが、ポイントは次の記事でお伝えします!

降り方

最後にストレッチポールから降りる時の注意点です。

お尻 → 腰 背中 の順番で、横にずり落ちるようにして降りてください。

降りた後は床にあお向けになって寝転がり、床と身体の接地感の変化を確認してみましょう。
少し時間が経ってから、膝を立てて身体を横に倒し、ゆっくりと起き上がるようにします。

まとめ

ストレッチポールの置き方・乗り方・降り方のいずれも安全に使用していただくための注意点です。
ご自宅などで使われる場合には、周りにトレーナー(指導者)がいません。

一般的な運動と比べると危険な動きは少ないですが、乗り降りの時にバランスを崩す可能性があります。
思わぬ怪我などを避けるためにも、安全な使用方法を心掛けてくださいね。

  • ストレッチポールの置き方
    フタ、ファスナー、縫い目の向きに気をつけましょう
  • ストレッチポールの乗り方
    端にお尻を乗せ、手で床を支えながら寝転がりましょう
  • ストレッチポールの降り方
    ゆっくりと横にずり落ちるように降りましょう

B-stationでは、ストレッチポールを安全かつ効果的に使っていただくために、基本的な使い方をマンツーマンで指導しています。

「一度、試してから購入するかどうかを決めたい」
「ちゃんと効果が出る正しい使い方を教えて欲しい」
「以前に買ったけど、使い方がいまいち分からない」

こんな風に思っている方は、ぜひ『ストレッチポール・ベーシック』を受けてください。
ご自宅でもエクササイズが継続できるように1つ1つ丁寧にお伝えします。

次回は「ストレッチポールでの基本姿勢」についてお伝えします。
お楽しみに!

Follow me!


「運動に苦手意識がある」「トレーニング初心者」の方も安全・効果的に続けられる運動
パーソナルトレーニングサロン B-station
~コアコンディショニング&体幹トレーニングを完全マンツーマンで丁寧に指導します~

★引き締め(お腹、ウエスト、お尻、背中、太もも)
★姿勢改善(猫背、反り腰、O脚、骨盤の歪み)

【 大阪メトロ谷町線・堺筋線「南森町」駅から徒歩2分 】
〒530-0041 大阪市北区天神橋2-4-1 ナカヤマビル3階

[電 話] 070-8998-3511
[メール] contact@b-station.info
[H P] https://b-station.info/