背中の引き締め[4] 肩甲骨の動きを感じる(内外)


背中を引き締めるために大切な「肩甲骨」の動きについて、順番に
解説しています。

前回の記事では『上げる・下げる』をお伝えしましたが、自分自身
で感じることは出来たでしょうか?

今回は『内外』の動きにチャレンジしてみましょう!

【これまでのおさらい記事はコチラ】
  1. スッキリ背中を手に入れるために大切なこと
  2. 肩甲骨の動きは6パターン
  3. 肩甲骨の動きを感じる(上下)

▼肩甲骨の動き3・4『内外』

肩甲骨,エクササイズ,パーソナルトレーニング

肩甲骨を背骨から遠ざけるように外側へ動かす

肩や首回りをリラックスした状態で、腕を前に持ち上げます。
(写真では肘を曲げていますが、前ならえの状態でも良いです)

肩がすくまないように気を付けながら、「肩甲骨」を背骨から
遠ざけるようなイメージで『外側』へ押し出しましょう。

目一杯まで動かしたら、ゆっくりと元の状態に戻します。

 

背中,引き締め,シェイプアップ.南森町

背骨を挟み込むように肩甲骨を内側へ寄せる

今度は逆に「肩甲骨」『内側』へ寄せる動きです。

肩の力を抜いたまま、背骨を挟み込むようなイメージで『内側』
動かしてみましょう。

外側に比べれば動きは小さくなりますが、この『内側』への動きが
背中の引き締めには大切になってきます!

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
LINE@にお友だち登録すると最新情報が手に入る!

LINEat_icon_basic_A

【 お友だち登録方法 】
◆ 「友だち追加」をクリックする
◆ LINEを起動し、ID検索で「@b-station-osaka」と入力する
◆ QRコードを読み込む
登録方法の詳細はコチラです

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

前回の『上下』の動きも合わせて整理していくと・・・

肩甲骨を下げる&寄せる(内)が大切っ!!

ということになります。

裏を返せば、上げる&離す(外)は背中をたるませることに繋がる
ということです。
(※決して、その動きをしてはいけないということではありません)

 

実際にやってみると分かりますが、「肩甲骨」を上げて離すと、
猫背になりますよね??

一方で「肩甲骨」を下げて寄せると、背筋が伸びやすいと思います。

良い姿勢良いスタイルは、関係性が強い!

と言っても過言ではありませんよ。

 

言っていることは分かったけど、
「肩甲骨」の動きをいまいち感じることが出来ない・・・
正しく動かせているのかが分からない・・

そういう方は、一度パーソナルトレーニングを受けにB-stationまで
お越してくださいね。

初めての場合は【トライアル・セッション】にお申込みください!

完全マンツーマンでの指導なので、あなたのペースに合わせながら、
1つずつ丁寧にお伝えしていきます。

 

では次回が「肩甲骨」の動き5・6「開く・閉じる」を説明します。

お楽しみに♪

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!
(B-station代表/パーソナルトレーナー 奥野純也)

Follow me!


「運動に苦手意識がある」「トレーニング初心者」の方も安全・効果的に続けられます

パーソナルトレーニングサロンB-station

~ コアコンディショニング&コアトレーニングを完全マンツーマンで丁寧に指導します ~

★引き締め(シェイプアップ)

お腹、ウエスト、お尻、背中、太もも

★姿勢改善

猫背、反り腰、O脚、骨盤の歪み

初回体験のお申込み ▼

【 お申込み専用フォーム 】をご利用ください


〒530-0041

大阪市北区天神橋2-4-1 ナカヤマビル3階

大阪メトロ谷町線堺筋線「南森町」駅から徒歩2分

◆電 話 06-6585-0870

◆メール contact@b-station.info

◆H   P https://b-station.info/