O脚からの卒業♪Vol.5 ~硬くなった筋肉をストレッチ その2~


こんにちは!パーソナルトレーナーの加藤暖理です!!

前回はO脚から卒業するためのエクササイズとして、ストレッチをご紹介
しましたが、実際にやってみたでしょうか?
内側ハムストリングスのストレッチ

ストレッチは毎日コツコツと行っていると、柔軟性も向上してきますので
根気よく続けてみてくださいね。

それでは、今回もO脚から卒業するためのストレッチをお伝えします!

▼O脚改善のためのストレッチ その2

今回、ストレッチする筋肉は「薄筋(はっきん)」です。
きっと聞きなじみのない筋肉だと思います。

image

簡単に言えば内ももについている筋肉の一種類なんですが、内転筋とは
少し異なります。

「薄筋」は、恥骨(骨盤)から膝下の内側までくっ付いている
薄くて長い筋肉です。

この筋肉は正座をする時や両足を揃えて深く曲げる時、スポーツ動作に
おいてもたくさん働いています。

名前は薄い筋肉ですが、私たちの身体を動かす上での存在感は非常に濃い
大切な筋肉です。

そして、O脚改善をするために「薄筋」を伸ばした方が良い理由は、この
筋肉が硬くなってしまうと、内股(膝が内向き)になりやすいからです。

内股という悪習慣はO脚になってしまう原因の1つですから、「薄筋」を
しっかりとストレッチしていきましょう!

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
LINE@にお友だち登録すると最新情報が手に入る!

LINEat_icon_basic_A

【 お友だち登録方法 】
◆ 「友だち追加」をクリックする
◆ LINEを起動し、ID検索で「@b-station-osaka」と入力する
◆ QRコードを読み込む
登録方法の詳細はコチラです

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

▼薄筋を伸ばす方法

[1] 四つんばいの姿勢になります
四つ這い

[2] 片脚を横に伸ばし、つま先を外側に向けます
[3] 両手に体重を軽く乗せておきます
※体重がお尻に乗ると、別の筋肉が伸びます
準備姿勢

[4] 伸ばした脚をさらに遠くに伸ばし、広げていきます
[5] 太ももの内側が伸びているところで止めます

ストレッチ位

[6] 力を抜きながら20秒間キープをします
[7] ゆっくりと元に戻して、3回繰り返します

 

上手くストレッチ出来たでしょうか?

前回の記事で紹介した内側ハムストリングスのストレッチと比べると、
姿勢が少し大変かと思いますが、毎日コツコツと続けてみてくださいね。

それでは、次回はさらにもう1つ!!!
O脚改善のためのストレッチをご紹介しますので、お楽しみに♪

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!
(パーソナルトレーナー 加藤 暖理)

Follow me!


「運動に苦手意識がある」「トレーニング初心者」の方も安全・効果的に続けられます

パーソナルトレーニングサロンB-station

~ コアコンディショニング&コアトレーニングを完全マンツーマンで丁寧に指導します ~

★引き締め(シェイプアップ)

お腹、ウエスト、お尻、背中、太もも

★姿勢改善

猫背、反り腰、O脚、骨盤の歪み

初回体験のお申込み ▼

【 お申込み専用フォーム 】をご利用ください


〒530-0041

大阪市北区天神橋2-4-1 ナカヤマビル3階

大阪メトロ谷町線堺筋線「南森町」駅から徒歩2分

◆電 話 06-6585-0870

◆メール contact@b-station.info

◆H   P https://b-station.info/