O脚からの卒業♪Vol.8 ~硬くなった筋肉をストレッチ その4~


こんにちは!パーソナルトレーナーの加藤です!!

O脚改善のためのストレッチをご紹介していますが、実際にやってみて
くれているでしょうか?

O脚の方は、太ももの外側が張っている傾向があります。
身体の一部が張ってしまうということは、その部分を過剰に使っている
証拠です!

酷使している部分を休ませるためにも、ストレッチは効果的なので、
読んでいるだけではなく、自分の筋肉を伸ばしてあげてくださいね。

では、今回で最後のO脚改善ストレッチをご紹介していきます。

▼O脚改善のためのストレッチ その5

今回ストレッチする筋肉は、太もも前面の筋肉です。

太もも前面は「大腿四頭筋(だいたいしとうきん)」と呼ばれており、
4つの筋肉の総称です。
※詳しいことは割愛します

その中で外側にある筋肉を「外側広筋(がいそくこうきん)」といい、
今回のストレッチのターゲットの筋肉です。

FullSizeRender 4

この「外側広筋(がいそくこうきん)」は、立ち上がったり、歩いたり
する時に働く筋肉です。

前回・前々回と紹介した「大腿筋膜張筋」と今回の「外側広筋」は、
関係性がとっても深いです。

この2つの筋肉はどちらも太ももの外側にあるので、どちらかが
張ってくると、もう一方も同じように張ってきてしまうのです。

いわば運命共同体のようなものなので、どちらの筋肉もしっかりと
伸ばしていきましょう。

外もも(大腿筋膜張筋)に関する記事はコチラです!
⇒ 大腿筋膜張筋のストレッチ
⇒ 大腿筋膜張筋の筋膜リリース

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
LINE@にお友だち登録すると最新情報が手に入る!

LINEat_icon_basic_A

【 お友だち登録方法 】
◆ 「友だち追加」をクリックする
◆ LINEを起動し、ID検索で「@b-station-osaka」と入力する
◆ QRコードを読み込む
登録方法の詳細はコチラです

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

▼外側広筋を伸ばす方法

[1] 片側の脚を、あひる座りのように曲げて座ります

外側広筋1

[2] ゆっくりと身体を後ろに倒して、仰向けになります
※硬い方は無理のないようにしてください

外側広筋2

[3] 逆側の膝は曲げ、立てておきます

外側広筋3

[4] ストレッチ感が出た位置で、20秒間キープします
[5] ゆっくりと元に戻して、3回繰り返します

 

前回の外ももの筋肉(大腿筋膜張筋)のストレッチと違って、比較的伸びて
いる感覚が分かりやすいストレッチだと思います。

これまで紹介してきたストレッチは全て、O脚の改善をしたい方にとっては
必要なものばかりです。

まずは硬くなっている筋肉をしっかりと伸ばしていくようにしましょう!

次回からは「O脚改善のためのトレーニング」をご紹介していきますので、
お楽しみに♪

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!
(パーソナルトレーナー 加藤 暖理)

「運動初心者」も楽しく続けられる♪
大阪・南森町のパーソナルトレーニング

コアコンディショニング&コアトレーニング
を完全マンツーマンで丁寧に指導します

★引き締め(シェイプアップ)
  お腹、ウエスト、お尻、背中、太もも
★姿勢改善
  反り腰、O脚、猫背、骨盤の歪み
ブログのフッター

パーソナルトレーニングサロン B-station
~地下鉄谷町線・南森町駅から5分~
トライアルセッション(初回体験)のお申込み▼
お申込み専用フォームご利用ください

◆電 話 06-6585-0870
◆メール contact@b-station.info
◆H  P http://b-station.info/

Follow me!


「運動に苦手意識がある」「トレーニング初心者」の方も安全・効果的に続けられます

パーソナルトレーニングサロンB-station

~ コアコンディショニング&コアトレーニングを完全マンツーマンで丁寧に指導します ~

★引き締め(シェイプアップ)

お腹、ウエスト、お尻、背中、太もも

★姿勢改善

猫背、反り腰、O脚、骨盤の歪み

初回体験のお申込み ▼

【 お申込み専用フォーム 】をご利用ください


〒530-0041

大阪市北区天神橋2-4-1 ヤマモトビル3階

大阪メトロ谷町線堺筋線「南森町」駅から徒歩2分

◆電 話 06-6585-0870

◆メール contact@b-station.info

◆H   P https://b-station.info/