ストレッチポールEX・MXのどっちにしようか迷っている方へ


1人でできる!自宅でできる!姿勢改善ツール「ストレッチポール」の効果的な使い方とエクササイズ体験を指導しているパーソナルトレーナーの奥野です。
※B-stationは製造販売元である(株)LPNの正規販売代理店です

「ストレッチポール」を購入する方の多くが、インターネットで検索すると思います。
この記事をご覧のあなたも・・・その1人かも知れませんね。

そして、きっとこんな風に迷っているのではないでしょうか。

『円柱タイプが2種類ある(EXとMX)けど、どっちが良いの???』

という疑問です。

B-stationでは「ストレッチポール」買う前に一度試したい!という方のために、エクササイズの体験ができる機会を設けています。

ストレッチポール・ベーシック

実際にお越しになる方も、この2種類で迷われるケースが多い傾向にあります。
なので、今回は2種類の円柱タイプ『EXとMXの違い』について解説したいと思います。

2種類の円柱タイプは何が違うのか?

「ストレッチポール」は全部で3種類あり、それぞれ特徴が異なります。

効果をしっかりと引き出すためには、ご自身の身体に合ったものを使うことが大切です。
さらに安全に使い続けてもらうためにも、とても重要なことでもあります。

そして、今回の本題である『2種類の円柱タイプの違い』ですね。
まずは写真を見比べてみてください。

↓ こちらがEX(イーエックス)タイプ ↓

ストレッチポール,販売,大阪,正規品

↓ 次にMX(エムエックス)タイプ ↓

ストレッチポール,本物,購入,大阪

いかがでしょうか?
やはり写真を見るだけでは、違いが今ひとつ分からないですよね。

円柱タイプの「ストレッチポール」EXとMXの違いは・・・

”高さ(直径)“ と ”硬さ(芯材)

この2つです!!

ストレッチポール,EX,MX,違い,体験

[EX] 高さ:15.0cm / 芯材:硬い
[MX] 高さ:12.5cm / 芯材:柔かい

ツールに関するこれらの情報自体は、調べるとすぐに出てきますよね。
ストレッチポールの公式サイトはもちろん、B-stationでも発信している内容です。

なので、今回はもう少し細かい部分まで解説していきます。

高さ(直径)の違い

EXは15.0cm、MXは12.5cmとその高さ差は“たった2.5cm”しか違いません。
ツールの高さの分だけ、手足(地面)と胴体の高さの差が大きくなるということになります。

「2.5cmって、あんまり変わらないのでは?」と思っているかも知れません。
でも、実際に寝転がってみると思いの外、その感じが違うことが分かると思います。

特に身体が硬かったり、姿勢が悪かったりすると、その少しの高さ差によって過剰なストレッチ感や不要な力みを生むことへと繋がります。

また、反り腰や肩の違和感などの不調を感じる可能性もあり得ます。

「ストレッチポール」を効果的・安全に使うためにも、リラックスできて力を抜きやすい高さを選ぶのが大切です。

どの高さがちょうど良いかは、お1人お1人の体格や姿勢、身体の状態などによって変わってきます。

下記の記事には「寝転がった時の肩の角度の違い」を載せています。
↓ 選ぶ際の参考になるかと思いますので、合わせてご覧ください ↓

硬さ(芯材)の違い

「ストレッチポール」に寝転がると、主に3カ所が触れる形になります。

“骨盤の中央(仙骨)” “背骨(胸の裏あたり)” “後頭部”です。

いずれも骨が当たっていますので、芯材の硬さによって“感触”が異なってきます。

硬いタイプ(EX)が心地良いと感じる方もいれば、痛いと感じる方もいます。
もちろん、柔らかいタイプ(MX)でも同じです。

痛みや違和感がある状態で乗り続けていると、身体はリラックスできません。
そうすると、本来ならば得られる効果も下がってしまいます。

また芯材の硬さによって“安定感”も少し変わってきます。
こちらも不安定な状態では力みに繋がるので、効果が得づらくなります。

ただ正直なところ、芯材の硬さは好みもあるので実際に乗り比べて判断するのが良いですね。

実際に乗り比べるのが絶対的にオススメ

EXとMXの「高さ」と「硬さ」の2点について解説しました。
それぞれの違いはご理解いただけたと思いますが・・・

『自分の身体で体験して決めるのが一番よい!』

というのが結論ではあります。

一般的な説明としては、

  • EXは・・・運動愛好家や健康な方
  • MXは・・・女性や運動が不慣れな方

としていますが、あくまでも目安に過ぎません。
ご自身で実際に乗り比べていただいて、身体に合ったものを購入することを強くオススメします。

下記の記事では、ハーフカットも含めて種類の解説をしています。
ストレッチポールの種類と違いについて

まとめ

  • ストレッチポール(円柱タイプ)の違いは「高さ(直径)」と「硬さ(芯材)」
  • 自分の身体に合った種類を選ぶことが効果・安全性を高める
  • 実際に乗り比べてみて、決めるのが絶対的にオススメ

B-stationでは【 ストレッチポール・ベーシック 】という形で、“ツールの乗り比べ”“基本エクササイズの体験” をすることができます!

  • 自分にあったストレッチポールの選び方
  • ストレッチポールの乗り比べ
  • 安全かつ効果的に使うためのポイント
  • 基本エクササイズ(ベーシックセブン)の体験

などをお伝えしています!
(約40分間 3,300円)

もちろん、体験後にストレッチポールを購入することも可能です。
姿勢の改善や慢性痛の緩和をしていきたと考えている方は、ぜひ一度お試しくださいね!

お申し込みは下記からお願いします

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!
(B-station代表/パーソナルトレーナー 奥野純也)

Follow me!


「運動に苦手意識がある」「トレーニング初心者」の方も安全・効果的に続けられる運動
パーソナルトレーニングサロン B-station
~コアコンディショニング&体幹トレーニングを完全マンツーマンで丁寧に指導します~

★引き締め(お腹、ウエスト、お尻、背中、太もも)
★姿勢改善(猫背、反り腰、O脚、骨盤の歪み)

【 大阪メトロ谷町線・堺筋線「南森町」駅から徒歩2分 】
〒530-0041 大阪市北区天神橋2-4-1 ナカヤマビル3階

[電 話] 070-8998-3511
[メール] contact@b-station.info
[H P] https://b-station.info/