背中の引き締め[2] 肩甲骨の動きは6パターン


前回から始まりました「背中を引き締める」シリーズですが、
第1回目の記事は読んでいただけましたでしょうか?

まだの方はコチラからチェックしてくださいね。
スッキリ背中を手に入れるために大切なこと

今回は【続編】ということで、『スッキリ背中』のための
ポイントの1つである「肩甲骨」について詳しく説明して
いきたいと思います。

まずは、自分の「肩甲骨」が動いているのを感じることが
出来るようになることを目指してみましょうね!

▼肩甲骨は宙ブラりんで、肋骨に張り付いている

「肩甲骨」って何???聞いたことないけど???という方は、
ほとんどいないと思います。

でも宙ブラりんになっているっていうことは、意外と知らない
のではないでしょうか。

どういうことかと言うと・・・

「肩甲骨」腕の骨とつながっています。
そして、前側で鎖骨とつながっています。

つながっている場所はいわゆる関節のことですが、この2箇所で
しかつながっていないんですよ。

なので、「肩甲骨」って上側の部分は関節があるけど、下側には
関節がないということになります。

これが宙ブラりんと表現した意味です。

シェイプアップ,パーソナルトレーニング,南森町

肩甲骨は宙ブラりんで、肋骨に張り付いています

そして、上の図を見ると分かるかと思いますが「肩甲骨」は肋骨
の上に張り付くような状態になっています。
(分かりやすいように骨だけにしていますが、実際は筋肉が多数
くっ付いています)

ですから「肩甲骨」が動く時は、肋骨の上をすべるように色んな
方向へ動きます。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
LINE@にお友だち登録すると最新情報が手に入る!

LINEat_icon_basic_A

【 お友だち登録方法 】
◆ 「友だち追加」をクリックする
◆ LINEを起動し、ID検索で「@b-station-osaka」と入力する
◆ QRコードを読み込む
登録方法の詳細はコチラです

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

▼肩甲骨の動きは6パターンある!

ここで「肩甲骨」の基本的な動きをご紹介しておきましょう。

  1. 上 (肩をすくませる)
  2. 下 (肩を下げる)
  3. 内 (背骨に近づける)
  4. 外 (背骨から遠ざける)
  5. 開く (ハの字に開く)
  6. 閉じる (ハの字を元に戻す)

それぞれ「上下」・「内外」・「開閉」が対のセットになって
います。

6パターン、自分で動かしてみて感じることが出来るでしょうか?

「上下」「内外」は動きのイメージが湧きやすいと思いますが、
「開閉」は分かりづらいかも知れませんね。

背中,肩甲骨,引き締め,運動,大阪

肩甲骨は上下、左右、開閉の6パターンの動きが出来ます

気を付けの状態から、腕を横に開いて耳の横まで持ってくる
動きの時に、腕の骨に合わせて「肩甲骨」がハの字上に開い
ていきます。

逆に耳の横から、気を付けに戻してくる時には、閉じてくる
動きになります。

少しはイメージ出来ましたでしょうか?
まだ分かりづらい・・・という方もいるかも知れません。

 

『スッキリ背中』を手に入れるためのエクササイズを効果的
に行うためにも動きの感覚は掴んでおくのが大切です!

なので、次回からは「肩甲骨」の動きのパターンをちょっと
した体操?を交えながら解説していきたいと思います。

お楽しみに♪

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!
(B-station代表/パーソナルトレーナー 奥野純也)

Follow me!


「運動に苦手意識がある」「トレーニング初心者」の方も安全・効果的に続けられます

パーソナルトレーニングサロンB-station

~ コアコンディショニング&コアトレーニングを完全マンツーマンで丁寧に指導します ~

★引き締め(シェイプアップ)

お腹、ウエスト、お尻、背中、太もも

★姿勢改善

猫背、反り腰、O脚、骨盤の歪み

初回体験のお申込み ▼

【 お申込み専用フォーム 】をご利用ください


〒530-0041

大阪市北区天神橋2-4-1 ナカヤマビル3階

大阪メトロ谷町線堺筋線「南森町」駅から徒歩2分

◆電 話 06-6585-0870

◆メール contact@b-station.info

◆H   P https://b-station.info/