免疫ってなんだろう?


運動に苦手意識がある、トレーニング初心者安全・効果的に続けられるエクササイズを指導しているB-station代表の奥野です。

前回の記事で「体力とは何か?」について解説しました。

自宅にいる時間が増えたことで、とにかく運動不足・・・少しでも動きたい・・・ということであれば、運動の種類や方法は気にせず、自分自身がやりたいと思えるもので良いと思います。
(身体を動かすことで心身ともにスッキリしますしね)

もし「体力をつけたい!」と思っているのであれば、どの体力要素を高めたいのか?を明確にすることが大切です。
詳しくは前回の記事を読んでいただければと思います。


そして、体力の要素の中に「免疫」というものも含まれています。
今は新型コロナウィルス関連で非常に関心が高まっているキーワードですね。

そんな「免疫」ですが、前回と同様に・・・免疫って一体なんだ?というお話をしたいと思います。

免疫とは???

ざっくり言えば「外敵から身を守るための自己防衛システム」のことです。

風邪やインフルエンザといった細菌やウィルス、花粉症などのアレルギー、体内で発生するガン細胞など、身体の中に侵入してきた「敵 = 異物」を排除して一定の状態を保とうとするシステム(恒常性)で、この免疫が常に私たちの身体の中で働いているからこそ、健康体でいられるのです。

逆に言えば、外敵によって、この恒常性が乱されてしまうと体調不良など様々な反応が起こってきます。

・第一の砦「粘膜」による防御

上述したような外敵(細菌やウィルスなど)は、私たちの周囲に常に存在しており、いつでも隙あらば体内への侵入を試みています。

その侵入を防ぐ第一の砦となるのが「粘膜」による防御です。
目、鼻、口、腸などにある「粘膜」が異物を捕まえて包み込み、体の外へと排出します。

そうすることで細菌やウィルスの感染を防ぐことができるのです。

・第二の砦「自然免疫」による攻撃

「粘膜」で全てを除去できればよいのですが、なかなかそういうわけにもいきません。
体内に侵入されてしまった場合は、次の免疫システムが働きます。

侵入を許してしまった細菌やウィルスに対して、まず「自然免疫」というものが攻撃をしかけます。
(専門的には白血球の好中球マクロファージと呼ばれるものです)

これらは言わば速攻部隊・突撃部隊のようなイメージです。
侵入してきた誰であれ、なりふり構わずに攻撃をしかけて壊滅を目指します。

・第三の砦「獲得免疫」による攻撃

「自然免疫」にやや遅れて、もう1つの攻撃部隊も準備が進められます。

それが「獲得免疫」と呼ばれるものですが、ヘルパーT細胞という司令塔が命令を下し、キラーT細胞やナチュラルキラー(NK)細胞が動き始めます。

それと同時にBキラー細胞というものも働いて抗体が作られます。
(次に同じものが侵入してきても、すぐに対応できるように特化した免疫細胞を作る)

 

少し専門用語が多くなってしまいましたが、まとめますと・・・

  1. 粘膜免疫(防御)
  2. 自然免疫(攻撃)
  3. 獲得免疫(攻撃)

という3つの免疫システムがあって、これらがしっかり働ける状態をつくることが免疫力を高めるためのポイントとなります。


【 LINE公式アカウントに登録すると最新情報が届きます 】
登録方法① :「友だち追加」をクリックする
登録方法② :LINEで「@b-station-osaka」をID検索する
登録方法③: QRコードを読み込む


免疫力を高めるには???

「免疫」というものに対する理解が少し深まったでしょうか?

粘膜、自然免疫、獲得免疫の3つがしっかりと機能していれば、そう簡単に細菌やウィルスに負けてしまうことはありません。

そのために何をしておけば良いのか?を簡単に紹介しておきます。

その① 「栄養をしっかりと摂る」

十分なエネルギーがなければ、身体は省エネモードに入ってしまいます。
そんな状態では免疫システムの働きも鈍ってしまいます。

腹が減っては戦ができぬ・・・というわけです。

防御部隊粘膜を強くするのには栄養が必要です。
攻撃部隊自然免疫・獲得免疫を強くするのには栄養が必要です。

それぞれの免疫細胞を強靱なものにするためにも、しっかりと栄養を摂りましょう。
特に「ビタミンC」は免疫系への影響が大きいので食事はもちろん、サプリメントも活用すると良いですよ。

その②「睡眠の質を高める」

睡眠不足は身体の様々な機能を低下させてしまいます。
ただ長く寝ればよいということではなく、質の高い睡眠が重要です。

その目安としては、寝起きがスッキリしているかどうか?です。

しんどいな・・・と感じるような目覚めであれば、睡眠の質が低い可能性があります。

食事の時間・量や内容を見直す、睡眠前のスマホなどを止める、照明を暗くする、軽くストレッチをする等が良いと思います。

その③「体温を上げる」

実は熱が出るのもそうなのですが、体温が上がると菌やウィルスの動きが鈍くなります。

逆を言えば、体温が下がると逆になりますので要注意ですよ!
(低体温症の方や冬場は特に気をつけなければいけません)

ちなみに体温を上げるのにもエネルギーが必要ですから、しっかりと栄養を摂る必要があります。

お風呂にゆっくり浸かって深部から温めるのも良いですね。
(バスソルトやアロマを使うと、精神的なストレス軽減も期待できますね)

その④「適度な運動をする」

stay homeな状況なので、身体活動量がどうしても少なくなりがちです。
じっとしている時間が長くなると、血液の流れは悪くなり、コリや筋肉のこわばりも出てしまいます。

ご自身の体力にあった適度な運動をすることで、自律神経のバランスも整い、心身の状態も整います。

ちなみに過剰な運動は、オーバーワーク(急激な疲労)を引き起こします。
これは一時的に免疫力を下げることにも繋がってしまうので注意が必要です。

運動をしたら、その分しっかりと栄養を摂るように心掛けましょう。


いかがだったでしょうか?
免疫とは何か?免疫力を高めるために必要なことは何か?は分かったでしょうか?

コロナ渦は長期化することが予想されています。
これらの知識をもっているか否かが、今後のあなたの健康に影響してきます。

ただ知識をもっているだけでは「何をして良いか分からない・・・」という方がいることも事実です。

そんな時は私どもを頼ってください!

直接お話しを伺ったり、対面で運動をお教えすることはできない状況ですがオンラインを活用してアドバイスをさせていただくことは可能です。

1人で悩まず専門家(スペシャリスト)の力を借りてください。

↓↓↓ オンラインサポートを利用したいという方は下記からご連絡ください ↓↓↓
※お電話は出られませんので【メール】もしくは【 LINE 】をご利用くださいませ

一日も早く、この状況が収束に向かい、いつもの日々が戻ることを願っております。
そして、皆さんが健康に過ごすことができるように精一杯のサポートをしていきます!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!
(B-station代表/パーソナルトレーナー 奥野純也)

Follow me!


「運動に苦手意識がある」「トレーニング初心者」の方も安全・効果的に続けられます

パーソナルトレーニングサロンB-station

~ コアコンディショニング&コアトレーニングを完全マンツーマンで丁寧に指導します ~

★引き締め(シェイプアップ)

お腹、ウエスト、お尻、背中、太もも

★姿勢改善

猫背、反り腰、O脚、骨盤の歪み

初回体験のお申込み ▼

【 お申込み専用フォーム 】をご利用ください


〒530-0041

大阪市北区天神橋2-4-1 ナカヤマビル3階

大阪メトロ谷町線堺筋線「南森町」駅から徒歩2分

◆電 話 06-6585-0870

◆メール contact@b-station.info

◆H   P https://b-station.info/