引き締めvol.3 ~お尻の引き締めには『●●●●』が大切~


お尻を引き締めるために必要なことを順に説明しています。
前回は「お尻のタイプと筋肉を正しく鍛えること」を書きました。
(まだ読まれていない方は上記をクリックしてくださいね)

今回は【お尻の筋肉の鍛え方】をお伝えしていく前に、どうしても
説明しておきたいとっても大切なポイントを書いていきますね。

▼あなたの『膝』はドコを向いていますか?

お尻を引き締めたいというクライアント様がいらっしゃった時に
必ずチェックするのが・・・

『膝』の向き

です!

立っている時や歩いている時に、あなたの『膝』の向きはドコを
向いているか確認してみてください。

内側ですか?
正面ですか?
外側ですか?

お尻の引き締め(シェイプアップ)に関して、特に要注意なのは

『膝』が内側に向いている

タイプです!!!

なぜなら『膝』が内側に向いている状態は、お尻を引き締める
を邪魔する可能性が非常に高いからです。

ここからは、その理由を説明していきますね!

▼『膝』が内側=お尻の筋肉が緩む

内股,膝の向き,ヒップアップ

なぜ『膝』が内側に向いているかというと、
「股関節(ももの付け根)」が内に向かって捻じれている状態で、
それに引っ張られているからです。

そして・・・
「股関節」『膝』内側になることによって、お尻の筋肉
引っ張られてしまうので、ダラ~ンと緩んだ状態になっている
可能性が高いのです。

お尻,引き締め,膝,エクササイズ

前回の記事「お尻の形はどのタイプ?」に書きましたが、
お尻を引き締める(ヒップアップ)するために必要なことは、
お尻の筋肉を正しく鍛えてあげることです!

ですから、『膝』が内側に向いているタイプの方は、お尻の
ラインが崩れやすい典型なのです。
そして、お尻の筋肉を鍛えにくい悪環境でもあります。

お尻のトレーニングをしているのに、あまり効果を感じること
が出来ない方は、今一度『膝』の向きをチェックしてくださいね!

▼前ももや外ももが張る原因にもなり得る

さらに嬉しくないオマケがもう1つ、付いてきます。

『膝』が内側に向いていると、お尻の筋肉が使えない

お尻の筋肉が使えないと、太ももの筋肉が過剰に働く

使いすぎた結果、疲労が蓄積し、筋肉が硬くなる

前ももや外ももが張ってしまう

他にもデメリットはたくさんあるのですが、『膝』が内側に向く
=内股はスタイルを崩す原因になっていることは理解してもらえ
たでしょうか?

 

「じゃあ、どうすれば良いの?」
ということになると思いますので、それを次回から1つずつ説明
していきますね。

【お尻の引き締め(シェイプアップ)の3ステップ】

という形でお届けしていきます!

お楽しみに♪

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
(B-station代表/パーソナルトレーナー 奥野純也)

Follow me!


「運動に苦手意識がある」「トレーニング初心者」の方も安全・効果的に続けられます

パーソナルトレーニングサロンB-station

~ コアコンディショニング&コアトレーニングを完全マンツーマンで丁寧に指導します ~

★引き締め(シェイプアップ)

お腹、ウエスト、お尻、背中、太もも

★姿勢改善

猫背、反り腰、O脚、骨盤の歪み

初回体験のお申込み ▼

【 お申込み専用フォーム 】をご利用ください


〒530-0041

大阪市北区天神橋2-4-1 ナカヤマビル3階

大阪メトロ谷町線堺筋線「南森町」駅から徒歩2分

◆電 話 06-6585-0870

◆メール contact@b-station.info

◆H   P https://b-station.info/