引き締めvol.4 ~お尻の“引き締め”の3ステップ~


今回から「ヒップアップ」するための3ステップをご紹介していきます。

お尻の形が崩れてきた・・・
トップが下がってきた・・・
そういうお悩みを持っていらっしゃる方も必見の内容です!

【これまでのおさらい記事】

☆Vol.1「いつの間に?後ろ姿にご用心!」
☆Vol.2「お尻の形はどのタイプ?」
☆Vol.3「お尻の引き締めには●●●●が大切」

▼お尻を引き締めるための3ステップ

☆Vol.2「お尻の形はどのタイプ?」の記事で、お尻の筋肉を鍛える
ことが大切ですよ!と書きました。
(本当にそのままですけどね・・・)

じゃあ、どのように鍛えていけば良いのでしょう?

今日はそれを3ステップにしてお伝えしていきます。

  1. 「骨盤」を安定させること
  2. 「お尻」の筋肉を鍛えること
  3. 「内もも」の筋肉を使うこと

実は単純に「お尻」だけを鍛えれば良いというわけでは無いんです。
それぞれのステップを簡単に説明していきますね!

▼STEP1 「骨盤」を安定させる

お尻を引き締めるためには、まずは土台をしっかりさせることが大切です!
グラグラと不安定な土台だと、狙った筋肉を上手く使うことが出来ないので
どんな運動をしても効果が半減します。

骨盤,お尻,引き締め,エクササイズ

お尻の筋肉「骨盤」についているので、ヒップアップに必要な土台部分という
のは「骨盤」を意味しています。

「骨盤」を安定させることで、次のステップでお尻の筋肉を鍛える運動が非常に
効果的になっていきます。

「骨盤」安定には、下腹部やウエストの筋肉であるいわゆる腹筋が必要です!

▼STEP2 「お尻」の筋肉を鍛える

土台がしっかりしたら次は「お尻」の筋肉を鍛えていきます。
ヒップアップに直接的に関係しているのは、もちろん「お尻」の筋肉です。
なので、しっかりと鍛えていくことが大切になってきます!

ヒップアップ,運動,南森町

といっても「お尻」の筋肉には種類があるので、鍛えていく順番とポイント
を押さえておく必要があります。

正しい順番で、狙った筋肉を使っていくことで、ヒップアップの実現に
ぐっと近づきます。

▼STEP3 「内もも」の筋肉を使う

お尻を引き締めるための最後のステップは「内もも」です。
「内もも」の筋肉も骨盤についていて、骨盤安定に大きく関係しています。
また「お尻」とバランスを取りながら、身体を動くときや立っているときに
働いている筋肉でもあります。

内もも,お尻,引き締め,パーソナルトレーニング

 

「お尻」だけでなく「内もも」の筋肉も正しく使えるようにすることで、
どんな時でも「お尻」の筋肉が使いやすくなります。

そうすることが出来れば、日常生活でも適度に「お尻」の筋肉が働いてくれる
ので、
引き締まったお尻を維持することが出来るようになっていきます。

 

次回予告・・・

あっさりと説明だけしましたが、理解してもらえましたでしょうか?

次回からは『お尻を引き締めるための3ステップ』

  1. 「骨盤」を安定させること
  2. 「お尻」の筋肉を鍛えること
  3. 「内もも」の筋肉を使うこと

を1つずつ詳しく説明していきます!
お楽しみに♪

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!
(B-station代表/パーソナルトレーナー 奥野純也)

Follow me!


「運動に苦手意識がある」「トレーニング初心者」の方も安全・効果的に続けられます

パーソナルトレーニングサロンB-station

~ コアコンディショニング&コアトレーニングを完全マンツーマンで丁寧に指導します ~

★引き締め(シェイプアップ)

お腹、ウエスト、お尻、背中、太もも

★姿勢改善

猫背、反り腰、O脚、骨盤の歪み

初回体験のお申込み ▼

【 お申込み専用フォーム 】をご利用ください


〒530-0041

大阪市北区天神橋2-4-1 ナカヤマビル3階

大阪メトロ谷町線堺筋線「南森町」駅から徒歩2分

◆電 話 06-6585-0870

◆メール contact@b-station.info

◆H   P https://b-station.info/