引き締めvol.7 ~お尻の引き締めStep3「内もも」を使おう~


キュッと上がったお尻を手に入れる最終ステップは「内もも」
筋肉を使うことです!

3種類のお尻の筋肉を鍛えることは、ヒップアップには絶対必須
ですが、今回ご紹介する「内もも」の筋肉も非常に大切な役割を
担っています。

では、その重要性を説明していきましょう。

お尻,内もも,引き締め,パーソナルトレーニング

▼引き締めたお尻を保つために「内もも」を使おう

お尻の引き締めには一見、関係なさそうに感じる「内もも」です
が、この筋肉が使えていないと、キュッと上がったお尻を維持する
のが難しくなってきてしまいます。

まずは「内もも」の筋肉を見て下さい。
骨盤から太ももにかけて付いているのが、分かると思います。

内転筋,シェイプアップ,大阪,南森町

前回の記事に図を載せましたが、「お尻」の筋肉も同じように骨盤から
太ももにかけて付いています。

「内もも」の筋肉も、「お尻」の筋肉『骨盤を支える』という役割に
おいては、仲間なんです!

骨盤の内側から「内もも」が、外側から「お尻」が支えていて、内外の
バランスを良い状態に保つことが、引き締まったお尻を維持するために
大切になってきます。

▼O脚・外もも・くびれにも「内もも」が関係している

さらに・・・「内もも」の筋肉は、O脚の改善外ももの引き締めにも
関係があります。

さらにさらに・・・「内もも」の筋肉は、ウエストとも仲が良いので、
くびれにも影響してくることも、少なくありません。

「内もも」の筋肉が弱っている、もしくは上手く使えていない女性の方
が結構多いので、お尻を鍛えると同時に「内もも」も同時に鍛えながら
スイッチONにしていくことをオススメします!

ちなみに

「内もも」を使う ≠ 内股

です。

内股はヒップラインの崩れやO脚、外ハリを作る原因になりますので、
注意してくださいね。

正しく「内もも」の筋肉を使うことが、脚のスタイルを整えるために
大切なことになります!

どのように「内もも」の筋肉を使えば良いのかを知りたいという方は、
トライアル・セッションにお申込みください。

B-stationでは、あなたの身体に合わせたオーダーメイドのエクササイズを
完全マンツーマンで指導しています。

 

今日のまとめ

《お尻の引き締め Step3!!!》
引き締めたお尻を維持するには「内もも」の筋肉も大切である!
「お尻」を鍛えながら、「内もも」もしっかりと鍛えよう!!

次回予告・・・

ヒップアップの3ステップのエクササイズの効果を高めるために
先にやっておきたいことを説明します。

お楽しみに♪

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!
(B-station代表/パーソナルトレーナー 奥野純也)

Follow me!


「運動に苦手意識がある」「トレーニング初心者」の方も安全・効果的に続けられます

パーソナルトレーニングサロンB-station

~ コアコンディショニング&コアトレーニングを完全マンツーマンで丁寧に指導します ~

★引き締め(シェイプアップ)

お腹、ウエスト、お尻、背中、太もも

★姿勢改善

猫背、反り腰、O脚、骨盤の歪み

初回体験のお申込み ▼

【 お申込み専用フォーム 】をご利用ください


〒530-0041

大阪市北区天神橋2-4-1 ナカヤマビル3階

大阪メトロ谷町線堺筋線「南森町」駅から徒歩2分

◆電 話 06-6585-0870

◆メール contact@b-station.info

◆H   P https://b-station.info/