栄養のキホン Vol.1~脳のエネルギー源はブドウ糖~


今回から【健康&美容のための“栄養”にテーマを変えて、お届けして
いこうと思います!

“栄養”というと少し身構えてしまうかも知れませんが、簡単に言えば
『食事』です。

pixta_6783842_S

食べているものが、身体をつくる材料になります。

必要な材料(栄養素)が揃っていなければ、どうなるでしょう?
充分な量の材料(栄養素)がなければ、どうなるでしょう?

あなたの身体を健康に、美しく保つために必要な材料を手に入れる方法
それが『食事』ということですよ!

そう考えれば、何を食べるのか? どのくらい食べるのか? が重要だと
いうのが分かっていただけるのではないかと思います。

▼「ブドウ糖」が脳のエネルギー源になる

私たちの身体の総司令塔は、皆さんもご存知のですね。

が様々な命令を出して、身体や内臓を動かしたり、ホルモンの分泌を
調整したりしています。

また身体の各部位からの情報を集約している場所でもあります。

このがしっかりと働いてくれないと、私たちの身体や内臓などが円滑
に役割をこなすことが出来ません。

そんな超重要なが働くために必要な栄養が・・・

「ブドウ糖」

と呼ばれる物質です。

image266

きっと耳にしたことはあると思いますが、一体ナニモノかご存知でしょうか?

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
LINE@にお友だち登録すると最新情報が手に入る!

LINEat_icon_basic_A

【 お友だち登録方法 】
◆ 「友だち追加」をクリックする
◆ LINEを起動し、ID検索で「@b-station-osaka」と入力する
◆ QRコードを読み込む
登録方法の詳細はコチラです

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

▼ブドウ糖は「炭水化物=糖質」の一種

ここでは難しい話は割愛しますが、のエネルギー源であるブドウ糖は、
「炭水化物=糖質」の1つで、単糖類というものに分類されます。

「炭水化物」というのは大きなグループなので、

  • 果物に含まれる果糖(単糖類)
  • 甘いものの代表格である砂糖(二糖類)
  • お米の主成分であるでんぷん(多糖類)

などなど・・・他にも様々な種類が含まれます。

実際に口にするものだと、お米、パン、麺、いも、果物、お菓子などで
しょうか。

いわゆる主食やデザートに多く含まれているのが「炭水化物」なのです
が、全てがブドウ糖というわけではありません。

a

この分類の話をすると少し長くなってしまうので、次回に持ち越します
が、とりあえず押さえてもらいたいポイントは・・・

のエネルギー源は、炭水化物の中でも【ブドウ糖】のみ

ということです!!

食事からブドウ糖を摂取するのにオススメなのは【お米(でんぷん)】
です。

時と場合によっては甘いもの(砂糖)も、有効なケースがありますが、
基本的には【お米(でんぷん)】をちゃんと食べることが良いですよ。

あ、もちろん食べ過ぎは良くないので・・・ご注意ください。

 

次回は炭水化物のことを、もう少し詳しく説明したいと思います。

お楽しみに♪

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!
(B-station代表/パーソナルトレーナー 奥野純也)

「運動初心者」も楽しく続けられる♪
大阪・南森町のパーソナルトレーニング

コアコンディショニング&コアトレーニング
を完全マンツーマンで丁寧に指導します

★引き締め(シェイプアップ)
  お腹、ウエスト、お尻、背中、太もも
★姿勢改善
  反り腰、O脚、猫背、骨盤の歪み
ブログのフッター

パーソナルトレーニングサロン B-station
~地下鉄谷町線・南森町駅から5分~
トライアルセッション(初回体験)のお申込み▼
お申込み専用フォームご利用ください

◆電 話 06-6585-0870
◆メール contact@b-station.info
◆H  P http://b-station.info/

Follow me!