ストレッチポールの基本的な使い方 Vol.2 ~ベーシックセブン(予備運動)~


ストレッチポールは、1人でも効果的に使用できるエクササイズツールです。
今回からセルフで出来る基本エクササイズをご紹介していきます!

基本エクササイズ「ベーシックセブン」と呼ばれており、予備運動3種目
と主運動7種目の合計10種目で構成されています。

まずは【予備運動】の3種目からマスターしていきましょう。

↓これまでの記事で読んでいないものがあればクリック↓

▼予備運動の目的・・・

【予備運動】は、基本姿勢から、手や足を少し動かした位置で止めて、
「脱力」をして、ゆったりと「呼吸」をしながら【リラックス】する
ためのエクササイズです。

  • 胸開きエクササイズ
  • 股関節開きエクササイズ
  • 対角開きエクササイズ

の3つから構成されています。

予備運動1 胸開きエクササイズ

狙い:胸周りを脱力(リラックス)させる

ストレッチポール,予備運動,姿勢改善

  1. 基本姿勢から、両手を横へ広げましょう
  2. 肩や胸周りに違和感のない所で止めましょう
  3. 力を抜き、ゆったりとした呼吸を繰り返しましょう

★ポイント★
肘が自然と床についている状態にしておきます。
胸にストレッチ感がない程度の所にしておきます。

予備運動2 股関節開きエクササイズ

狙い:股関節周りを脱力(リラックス)させる

ベーシックセブン,体験,大阪

  1. 基本姿勢から両足を外へ広げましょう
  2. 股関節や内ももに違和感のない所で止めましょう
  3. 力を抜き、ゆったりとした呼吸を繰り返しましょう

★ポイント★
足の裏と裏の間を握りこぶし1つ分程度、開けておきます
股関節にストレッチ感のない程度の所にしておきます

予備運動3 対角開きエクササイズ

狙い:体幹を対角線に脱力(リラックス)させる

コアコンディショニング,パーソナルトレーニング,南森町

  1. 基本姿勢から片足を伸ばし、次に手を横へ広げましょう
  2. 足は腰幅程度、手は胸の高さ程度の位置で止めましょう
  3. 力を抜き、ゆったりとした呼吸を繰り返しましょう

★ポイント★
足を広げすぎたり、手を広げすぎたりしないようにします
股関節や胸などにストレッチ感のない程度の所にしておきます

▼時間の目安とその他のポイント

3種類のエクササイズともに、秒数は特に決まっていません。

1つの目安として「60秒程度」と考えていただき、自然と身体の
力が抜けていくのを感じるようにしましょう。

リラックスが出来てきたなと感じたら、基本姿勢に戻ってください。

あくまでもリラックス(=力を抜く)ことが狙いなので、無理矢理
ストレッチ(筋肉を伸ばす)をしてしまうと、かえって身体は緊張
してしまいますので、気を付けましょう。

あまり難しく考えず、ストレッチポールに身体を預けるような感覚で
やってみてくださいね。

 

B-stationは、ストレッチポールの製造販売元から認められている
「テクニカルアドバイザー」です。

安全で効果的な使用方法とポイントをお伝えしておりますので、ご興味
のある方はストレッチポール・ベーシックにお申込みください。

今回ご紹介した【予備運動】はもちろん、基本エクササイズ全てを完全
マンツーマンで指導させていただきます。

お申込みは専用フォームからお願いします!

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!
(B-station代表/パーソナルトレーナー 奥野純也)

Follow me!


「運動に苦手意識がある」「トレーニング初心者」の方も安全・効果的に続けられます

パーソナルトレーニングサロンB-station

~ コアコンディショニング&コアトレーニングを完全マンツーマンで丁寧に指導します ~

★引き締め(シェイプアップ)

お腹、ウエスト、お尻、背中、太もも

★姿勢改善

猫背、反り腰、O脚、骨盤の歪み

初回体験のお申込み ▼

【 お申込み専用フォーム 】をご利用ください


〒530-0041

大阪市北区天神橋2-4-1 ナカヤマビル3階

大阪メトロ谷町線堺筋線「南森町」駅から徒歩2分

◆電 話 06-6585-0870

◆メール contact@b-station.info

◆H   P https://b-station.info/