姿勢改善vol.3 ~姿勢を良くするポイント2 筋肉の長さ~


「悪くなった姿勢を改善したい!」という想いを持っている方々に
むけて姿勢を良くするためのポイントをお伝えしています。

今回は第3回目ということで、最初の記事でお伝えした良い姿勢
習慣
のポイント その2を解説していきます!

【おさらい記事はコチラ】

◆第1回「良い姿勢を保つ3つのポイントはコレ!」
◆第2回「姿勢を良くするポイント1 ○○に逆らう筋肉」

▼良い姿勢の習慣 ポイントその2 「筋肉の長さを適切にする」

筋肉が伸びたり縮んだりすることは、あなたも知っていますよね?
伸び縮みをすることで関節(骨)が動く、つまり身体が動くという
仕組みです。

そんな筋肉には適切な長さというものがあるのをご存知ですか?

これは専門的に言うと「張力」というもので、簡単に表現すると
「テンション」のことです

20141018130226-94S

筋肉「テンション」が高すぎても、低すぎても力が上手く発揮
できない
んです。

1人だけ異様にテンションが高いと浮きますし、テンションが低く
ても冷めてると思われて、場の空気がおかしくなりますよね。

それと同じだと思ってください。
(ちょっと無理矢理でしょうか

▼良い姿勢は、筋肉の「テンション」がちょうど良い

良い姿勢を保てるということは、筋肉の長さ=テンションのバランスが
全体的に取れている状態になります。

それぞれの筋肉良い加減に引っ張り合いをしてくれていて、前後や
左右、内外などの緊張感が適切な関係性です。

逆に言えば、い「姿勢」は「テンション」狂っている状態です。
この悪いテンションが続くと、どうなるのでしょうか・・・?

筋肉悪い「姿勢」でも、力を出せるように長さを変えてしまうという
実に恐ろしい現象が起こります。

これはクリープ現象と呼ばれています。
(このクリープとは、ちょっと違いますよ)

t02200220_0225022512797672002

話を戻します・・・

悪い姿勢を続けている方の筋肉は、クリープ現象が起こって、
筋肉そのものの長さが狂ってしまっている可能性が高いです。

ですから整体などで一時的に骨のバランスを整えて、姿勢が
良くなったとしても、そのうち元に戻ってしまうんですね。
(決して整体等を否定しているわけではありません)
(筋肉の長さも整えないとダメですよということです)

▼良い姿勢を続ければ、筋肉は適切な長さに戻る

じゃあ姿勢の悪い私はどうにもならないってこと???

そうではありません!
なので、安心してくださいね。

良い姿勢を繰り返していくことで、筋肉の長さは適切に戻ります。

ですからエクササイズを繰り返し、繰り返し、繰り返し行うことで、
身体に良い姿勢を記憶させていくことが大切です。

そして普段から継続的に意識をしていくことが重要です。

P1000726

B-stationでは、その場での効果を感じていただくだけではなく、

★日頃から意識しておいた方が良い点
★家でもできる簡単エクササイズ

の指導も必要に応じて、行っています!

そうすることで、自分の姿勢や身体を意識しておくことが出来るように
なり、クリープ現象によってテンションが狂ってしまった筋肉を再び、
良い状態へと整えていくことが出来るようになります。

もちろんその結果として、あなたの姿勢が良くなっていきますよ!

「姿勢改善をしたい!」と考えている方は、まずはトライアルセッション
にお申込みくださいませ。

次回予告・・・

良い姿勢の習慣のポイント その3関節の動きを整えること」
を説明していきたいと思いますので、お楽しみに♪

【姿勢改善シリーズ】

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
(B-station代表/パーソナルトレーナー 奥野純也)

Follow me!


「運動に苦手意識がある」「トレーニング初心者」の方も安全・効果的に続けられる運動
パーソナルトレーニングサロン B-station
~コアコンディショニング&体幹トレーニングを完全マンツーマンで丁寧に指導します~

★引き締め(お腹、ウエスト、お尻、背中、太もも)
★姿勢改善(猫背、反り腰、O脚、骨盤の歪み)

【 大阪メトロ谷町線・堺筋線「南森町」駅から徒歩2分 】
〒530-0041 大阪市北区天神橋2-4-1 ナカヤマビル3階

[電 話] 070-8998-3511
[メール] contact@b-station.info
[H P] https://b-station.info/