姿勢改善vol.5 ~良い姿勢ってどんな姿勢??~


「姿勢改善のコツ」シリーズも早いもので5回目です。

今回は根本的な部分「良い姿勢」ってナニ?をひも解いていきましょう。

これまでの記事を読みたい方は下記をクリックしてくださいね!

▼「良い姿勢」とは、どんな状態なのか・・・

突然ですが・・・
あなたにとっての「良い姿勢」ってどんな状態でしょうか?

『背すじがピンと伸びている』
『胸がしっかりと張れている』
『骨盤が歪んでいない』
『左右のバランスが良い』
『立っていても疲れない』

img30

などなど、きっとお1人お1人のイメージがあると思います。
上記のものは1つの例で、どれが合っていて、どれが間違っている
ということではありません。

B-stationが考える「良い姿勢」は・・・

重力に対して「最小限の筋力」で身体を支えていて、関節や靭帯
などに「余計なストレスが無い」状態のこと
(ちょっと専門的な表現なので、難しい表現ですね)

簡単に言えば、

【身体(筋肉や関節など)に無駄なストレスがなくて、
無理せず楽にいられる状態】

といった感じでしょうか。
(これでも伝わりづらかったら、ごめんなさい

▼「良い姿勢」をするとキツい!?

B-stationにお越しになるクライアント様は、やはり「姿勢」に関する
悩みを何とかしたい!という方が多いです。
(猫背、反り腰が特に多いです)

そこで同じように質問をさせていただくんですね。
『あなたにとって「良い姿勢」って、どんなものですか?』
答えは実に様々で、表現も色々な形で答えてくださいます。

そしてもう1つ質問をします・・・
『その「良い姿勢」を取ってもらっても良いですか?』
(ちょっと意地悪かもしれませんね)

この時に、面白いことが起こります!
答えていた「良い姿勢」実際に取っている「良い姿勢」が違うんです。

P1000658

これは頭の中でのイメージ(理想的な感覚)と実際の状態がズレて
いる証拠ですね。

この状態では、どれだけ「良い姿勢」を意識して、「良い姿勢」
なろう!と思っていても、なかなか現実には叶わないわけです。
(正しいと思っている姿勢が、イメージと違うわけですからね)

 

さらにもう1つ質問を続けます・・・

『その「良い姿勢」って楽ですか??』

(またまた意地悪ですかね)

そうすると大体の場合が結構キツいというか、大変だと感じている
ケースが多いです。

本来、「良い姿勢」と言うのは・・・
【身体(筋肉や関節など)に無駄なストレスがなくて、
無理せず楽にいられる状態】
のはずなんです。

それが大変だということは、「悪い姿勢」に身体が馴染んでしまって
いる可能性が非常に高いです!

ですから、前回までに書いてきたようなポイントを理解した上で、運動
などを継続的に行っていく必要があるんです。

⇒ 「良い姿勢を保つ3つのポイントはコレ!」
⇒ 「姿勢を良くするポイント1 ○○に逆らう筋肉」
⇒ 「姿勢を良くするポイント2 筋肉の○○を適切に」
⇒ 「姿勢を良くするポイント3 〇○の動きを整える」

P1000729

『今年こそは「悪い姿勢」とサヨナラしたい!』
そんな風に思っているあなた・・・
ぜひB-stationのトライアル・セッションにお越しください。

今の「姿勢」がどのようになっていて、何をすれば「良い姿勢」
なれるのかを説明させていただきます!

次回予告・・・

次回は「良い姿勢」のメリットをお伝えする予定です!
「良い姿勢」になると、どんな素敵なことが待っているのかを
説明していきます!

これで姿勢改善シリーズも【最終回】になりますので、忘れずに
チェックしてくださいね!

【姿勢改善シリーズ】

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました★
(B-station代表/パーソナルトレーナー 奥野純也)

Follow me!


「運動に苦手意識がある」「トレーニング初心者」の方も安全・効果的に続けられる運動
パーソナルトレーニングサロン B-station
~コアコンディショニング&体幹トレーニングを完全マンツーマンで丁寧に指導します~

★引き締め(お腹、ウエスト、お尻、背中、太もも)
★姿勢改善(猫背、反り腰、O脚、骨盤の歪み)

【 大阪メトロ谷町線・堺筋線「南森町」駅から徒歩2分 】
〒530-0041 大阪市北区天神橋2-4-1 ナカヤマビル3階

[電 話] 070-8998-3511
[メール] contact@b-station.info
[H P] https://b-station.info/